現在進行形で行っている歯科矯正

私は今インビザラインの歯科矯正を行っています。あなたが選んだ大阪の歯医者は歯周病外科治療が重要なポイントで歯科矯正を行って気づいたデメリットは、マウスピースを清潔に保つのが大変なことです。マウスピースは食事の際、変形や変色を防ぐために必ず外さなければいけません。そのため、学校にいる時などはいちいちマウスピースを外したり付けたりしなければならず、ご飯を食べるのにも一苦労です。また、マウスピースも定期的に洗わなければならないし、こまめに歯磨きもしなければなりません。さらにインビザラインをするに当たって、健康な歯を抜かなければならないというのはデメリットだと思います。私の場合は上の歯を2本抜きました。どちらも健康ないい歯だったので、抜く時は少し寂しくなってしまいました。
しかし、やはり不揃いな歯並びがだんだんきれいに並んでいくのは嬉しいですし、自信を持って笑えるようになります。また噛み合わせが矯正されることにより、骨格の歪みが改善されたり、人に好印象を与えられたりというプラスの効果も沢山あります。人生をいい方向に変えるためにも、歯の矯正はオススメです。

場合によっては短期間で手軽な矯正治療

歯並びが悪いからきれいに矯正したい…。
でも、お金もかかるし、あのブリッジはつけたくない…。
そう思っているなら、一度、大阪の歯周病治療が実績豊富な歯科医院に行って相談してみるといいかもしれません。
今は、そこまで酷くない歯並びであれば、ブリッジをつけない治療法と言うのもあるようです。
その方法と言うのが、顎を広げる方法です。
ただ、それが出来るのは子供の頃の顎が柔らかい時。
出来るだけ早い時期から治療するといったものです。
顎が成長過程の柔らかいうちに内側の装置や取り外し式の装置のみで顎を広げて、
歯並びを矯正していくという方法をとっているようです。
その場合、治療費も少しリーズナブルになる事も…。
ただ、これはその人の歯並びにもよるので、人によって違うので相談してみてにはなりますが。
私の周りで歯の矯正をしている人は、短期間のみの治療で完了した人も多くいます。
そして、歯の矯正をしている人も思った以上にいました。
もしも、気になっている人は相談してみるといいかもしれません。
意外と手軽に歯の矯正治療が出来るかもしれません。

染めだしをみて自分の歯磨き方法を反省

歯のクリーニングを行ってもらうことでとても大阪で歯周病治療を取り揃えている歯科医へ歯が綺麗になったと感じます。そして何よりも、自分が歯を大切にしようという気持ちが高まったことがよかったです。そのままでいたら、歯の健康を守ることができないと思うからです。定期的に受診をして、そんな風に美しくするのはとても良いことですね。
そのクリーニングを最初にした時は、びっくりしました。それはなんといっても、自分の歯の状態を知るための染め出しという検査をした時のことです。自分の歯を見た時に、愕然としました。それはピンクの染め出し液を使って行うのですが、私の歯は見事にピンクがひどかったのです。それは、それだけ歯の磨き残しがあるということなのです。
磨き残しがあると、歯が虫歯になる確率が高くなります。歯垢がそれだけ付着しているということが言えるのです。とても恥ずかしい思いをしましたが、早めにそのことについて知ることができてよかったと思っています。その後は、鏡を見て歯磨きをしています。

歯の矯正を自分でできればいいのにな

歯並びにものすごいコンプレックスを抱いています。いわゆる”がちゃっ歯”なので、人と話をしていると、皆どうしても私の口元に目が行っています。いや、もしかするとそんな事はないのかもしれませんが、自分がコンプレックスを抱いているため、大阪で歯周病治療なら多くの研修に参加している歯科医を選ぼう

 

なので、歯の矯正をしたいと考えているのですが・・。なかなか一歩を踏み出す勇気がありません。理由は「自分の歯(コンプレックス)をいかに歯医者さんとはいえ、見られたくない!」からです。ああ、自分で手軽に歯の矯正ができればいいのになあ。そういう商品ってないんですかね。

 

これだけ科学技術の発達した現代なのに、どうしてそんな簡単な器機が無いんだろう。不思議で仕方ありません。それにしても、日本はまだまだ歯の矯正に対する考え方が低いですよね。世界を見渡してみても、ここまで歯並びの悪い国はありませんよ。どんなに貧しく、治安の悪い国でも、皆歯並びはキレイにしているじゃありませんか。日本もそろそろ歯並びについてしっかりと向き合うべきです。

見た目も悪くつらい思いばかりした歯の矯正

もともと私は出っ歯だったのと、歯周病外科治療もできる歯医者さんは下の歯もガタガタだったので高校3年生のときに審美歯科で矯正を始めました。私は歯を抜く必要があったので、上の前から4番目の歯を左右どちらも抜いたのですが、笑うとそこが見えてしまい歯抜けが分かったのですごく恥ずかしくて笑うときは手で口を隠していました。

 

一番大変だったのは、矯正の装置をつけてから通院のたびにワイヤーを締められるのですがそれがすごく痛かったことです。その日1日は痛み止めを飲んでも痛いくらい、ご飯を噛むときですら苦痛を感じるほどでした。また食後は装置に食べたものが詰まってしまうので毎回はみがきをしないといけませんでした。

 

矯正じたいはまわりにしてる子が何人かいたので装置をつけることは恥ずかしくなかったですが、装置につけるゴムがだんだんと黄ばんでくるのが恥ずかしかったです。これははみがきしても色は取れることはなかったですし、通院のたびに新しいのに取り替えてくれるのですが、通院間近になってくると早く取り替えてほしいと思うくらい黄色になっていました。

 

2年ほどでもう装置は取れて綺麗な歯並びになりましたが、もう二度としたくないくらい見た目も痛みもつらかったです。

治療を乗り越えました

ずっと気付かないふりをしていた虫歯が限界で、大阪で歯周病治療なら多くの研修に参加している実績豊富な歯科医院に意を決して行きました…仕事の都合で1人で行くことに…かなりの恐怖で待合室では手が震え、若干吐き気もしてきて、やっぱりだめかもと思った瞬間呼ばれ、台に座り、背もたれを倒されると震えが!ハンカチに好きなアロマを含ませて行ったので先生と話してる間はそれを口にあて、なんとかしのぎました。

 

そして治療が始まり、奥歯の治療だったので長時間口を開けていました。
でも途中途中休憩を挟んでくれて、かなり気持ちが楽でした。そんなこんなで、頓服も飲まず発作も出ず、なんと1時間の治療を乗り越えました!!

 

終わった後気持ちが清々しくて、先生や助手さんも、本当によく頑張ったね!お疲れ様でした!と褒めてくださり…もう本当に最高の気分で帰ることが出来ました!麻酔が切れた後は激痛に苦しみましたが…なんとか乗り越えました。すごくすごく自信になりました!
かなり嬉しい出来事だったので、まだまだ小さな一歩ですが、前を向いて行こうと思えました。

虫歯に食べものが挟まり困るので治療した

歯の健康というのは、大阪では歯周病予防の内容から選ぶととても大切と分かっていてもなかなか歯医者に行くことをしないものですね。できるだけ、なんともなかったらそのまま様子を見たいと思うことが多いです。しかしそのままにしていると、歯がボロボロになってしまうことがあります。

 

この私もそんな経験をしたことがあり、そのことについてとても後悔をしています。歯のことについては、後からしまったと思っても取り返しがつかないことが多いので、早めに治療をすることが大切ですね。

 

その後悔をしたというのは、歯の虫歯を放置していた時でした。するとだんだんと穴があいてきたのです。そしてその穴が真っ黒になりました。そこで困るのは食べ物がそこに挟まってしまうことなのです。

 

その結果、口臭が出現することになったので、その時点でユーザー口コミサイトで人気の歯医者行きました。しかし手遅れで、抜歯をすることになったのです。奥歯は、虫歯になりやすいのです。そして抜歯をしたので、その後はますます食べにくくなり困っています。